愛犬にドットわん鶏ごはんはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

ドットわん ドットわん鶏ごはんで使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点をご紹介します。

ドットわん鶏ごはんの原材料

ドットわん鶏ごはんは、余分な加工も添加もせずに食材の旨味や消化吸収を高めて作られている全年齢対応のドッグフードです。

全ての原材料に国内産の食材を使用しています。

では、どんな原材料が使用されているのか見ていきましょう。

肉類

ドットわん鶏ごはんには、鶏むね肉やポークエキス、ポークオイル、鶏肝臓が含まれています。

鶏肉には生産者が限定されている生産量が少ないと言われる国産の鶏肉を使用しています。この鶏肉は、独自の天然飼料で飼育されており、とても希少性が高いものとして知られています。

さらに、鶏をさばく際には、機械ではなく職人の手でさばくため、洗浄や薬剤などが使用されていないため、品質管理の上でも非常に安全性が高いと言えます。

穀物

原材料で一番気になるのは主原料が鶏肉ではなく、玄米であることです。

一般的には、玄米は犬の消化吸収が悪く、ドッグフードの原材料としては好ましくない物と考えられています。

ただ、ドットわん鶏ごはんでは玄米を消化吸収しやすくするために、しっかりと炊飯してから原材料として使用されています。炊いた玄米などのお米は、犬にとって安心して食べられるとも言われています。

さらに、玄米にはミネラルやビタミンが豊富に含まれており、犬の健康に欠かせない栄養素を摂取することができるのです。

添加物

ドットわん鶏ごはんには、香料や着色料、保存料などの人工的な添加物は一切使用されていません。この点からも、安全性の高いドッグフードだと言えます。

その他

ヘルシーフードとして知られるおからが使用されています。

おからには、腸内環境を整える効果が期待されるオリゴ糖が含まれています。また、適度な食物繊維は、便秘予防に繋がります。

ドットわん鶏ごはんに含まれる栄養の割合

ドットわん鶏ごはんに使用されている原材料は、安全性の高い食材が使われていることが分かりました。

でも、ドッグフード選びで大切なのは、原材料以外にもあります。

それは、ドッグフードに含まれる栄養の割合です。ではさっそく、ドットわん鶏ごはんに含まれる栄養の割合を見ていきましょう。

  • エネルギー 354kcal/100g
  • 粗タンパク質 23.0%以上
  • 粗脂肪 10.5%
  • 粗繊維(※1) 2.0%以下
  • 粗灰分(※2) 7.0%以下
  • 水分 5.0%

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質は十分に含まれている

主原料が玄米であることから、十分なタンパク質量が摂取できるのかが気になるところです。

でも、ドットわん鶏ごはんの栄養の割合を見て分かる通り、タンパク質量は十分な量に設定されています。

AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の最低基準は、幼犬が22.5%以上で成犬が18.0%以上であることからも基準を満たしていることが分かります。

脂肪はやや控えめ

脂肪がやや控えめなため、脂質を控えたい犬でも安心して与えることができます。

控えめとは言え、AAFCOの定める最低基準は、幼犬では8.5%以上で成犬では5.5%以上のため、十分に満たしていることが分かります。

ドットわん鶏ごはんの生産国

ドットわん鶏ごはんは、日本で生産されています。

ドッグフードの原材料の全ては、日本国内で生産されている食材だけを使用しており、ヒューマングレードとも言える安全性が高く、高品質なドッグフードと言えるでしょう。

ただ、日本はイギリスやドイツなどに比べると、ドッグフードに関する管理基準や安全性への取り組みに不安が残ります。

[amazonjs asin=”B002N56IYC” locale=”JP” title=”ドットわん ドットわん鶏ごはん 500g”]

動物愛護先進国に遅れを取る日本の法律

日本は動物愛護先進国に遅れを取りながらも、2009年にようやく「ペットフード安全法」と呼ばれる愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律が施行されました。この法律の概要としては、

  • ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造や輸入または販売を禁止すること
  • 製造業者や輸入業者は届出や帳簿の記載が義務付けられていること
  • 法に違反した場合は、違反内容別に定められた罰則が科せられること

などのように製造者だけではなく、販売者や輸入者に対しても違反が認められた場合、定められた罰則が科せられます。

ただ、実際には、これまでに違反で取り締まられたことがなく、一般的に「ざる法」と揶揄されています。

それだけ、業者にとって厳しい法律ではないことが分かります。多くのペットたちの健康のためにも、今後さらなる厳しい法整備がされることを願います。

また、愛犬の健康のためにも、飼い主自身がドッグフードの品質管理の安全性や栄養価についての知識を高め、高品質のドッグフードを選ぶ目が必要と言えます。

ドットわん鶏ごはんを選ぶ際の注意点

ドットわん鶏ごはんを選ぶ際の注意点を強いて挙げるのなら、原材料に玄米が使用されている点です。

一般的に、玄米はアレルギー症状が引き起こされる可能性がある食材であるため、食物アレルギーの症状がある犬の場合、控えた方が良いでしょう。

また、元々胃腸が弱い犬やシニア犬の場合、消化機能に負担がかかる可能性があることを理解しておきましょう。

そのため、与える場合は少量ずつ与え、愛犬の体調の変化に注意しながら与えることをおすすめします。

まとめ

日本におけるドッグフードに対する取り締まりは、イギリスやドイツなどの動物愛護先進国に比べ、まだまだ緩いと言わざるを得ません。

しかし、ドットわん鶏ごはんのように、原材料にこだわり、食材の旨味や消化吸収を高める努力をしているドッグフードも少なからずあります。

ただ、グレインフリーやグルテンフリーのドッグフードを探している場合やアレルギー症状が心配な場合は、避けることをおすすめします。

とは言え、安全性や品質の高さから、一度試してみると良いでしょう。




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!