愛犬にフィッシュ4ドッグはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

フィッシュ4ドッグで使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点をご紹介したいと思います。

フィッシュ4ドッグの原材料

一般的なドッグフードは肉類が主原料ですが、フィッシュ4ドッグは、魚を主原料に使用しているドッグフードです。

主に、サーモンや白身魚などを主原料として使用しています。

ここでは、フィッシュ4ドッグのファイネストシリーズの中から、サーディン(イワシ)を主原料としたドッグフードを例にご紹介していきます。

では、実際にどのような原材料が使われているのか、確認していきましょう。

魚類

主原料として、サーディン(イワシ)を主原料とし、他にはサーモンミールが使用されています。

サーモンミールの表示が気になるところですが、フィッシュ4ドッグはヒューマングレードと公開されており、栄養価の面で必須な栄養素を摂取するために加工された原材料だと言えます。

また、大きな骨やウロコ、内臓、頭や尾は使用していないことも記載されており、安心して愛犬に与えることができます。

穀物

フィッシュ4ドッグは、ヒューマングレードであること、グレインフリー(穀物不使用)を掲げて製品を作っており、原材料には穀物は一切使用されていません。

添加物

人工的な添加物は一切使用されていません。公式サイトでも、化学保存料(BHA・BHT)や着色料、香料、そして、ホルモン剤や成長促進剤なども一切使用していない旨が記載されています。

また、アレルギー症状を引き起こす恐れがあると言われるコーングルテンンやコーン、鶏肉や牛肉などの家畜や大豆、小麦、米、卵などを使用していないこともしっかりと記載されています。

その他

穀物を使用しない代わりに、炭水化物源としては栄養価に優れ、消化吸収が比較的良いと言われるスウィートポテトを使用しています。

ただ、一般的に犬の消化機能に負担をかけやすいと言われるエンドウが使用されています。

ただ、GI値が低いとされるエンドウやスウィートポテトの炭水化物を使用することで、次のようなメリットがあると考えられています。

  • 体重管理をサポート
  • 血糖が急上昇しない
  • 腹持ちが良い

などが挙げられます。

また、皮膚や被毛の健康に良いとされる栄養素が含まれるサーモンオイルや犬に不足がちな栄養素を摂取することができると注目されているビール酵母も配合されています。

フィッシュ4ドッグに含まれる栄養の割合

フィッシュ4ドッグは、ヒューマングレードで無添加のドッグフードであることが分かりましたが、栄養の割合はどうなっているのかも気になるところです。

では次に、フィッシュ4ドッグに含まれる栄養の割合について、見ていきましょう。

  • エネルギー 349kcal/100g
  • 粗タンパク質 26%
  • 粗脂肪 12%
  • 粗繊維(※1) 2.5%
  • 粗灰分(※2) 7%
  • 水分 8%
  • オメガ6脂肪酸 2.1%
  • オメガ3脂肪酸 2%

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質がやや高め

一般的なドッグフードの中でも、タンパク質がやや高めに設定されています。

AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の最低基準は、幼犬で22.5%以上で、成犬で18.0%以上であることからも、タンパク質がやや高めであることが分かります。

さらに、魚のタンパク質は、肉のタンパク質よりも消化吸収しやすく、低カロリーで低脂肪のため、胃腸が弱い犬やシニア犬でも安心して与えることができます。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸を配合

魚には健康的な皮膚や美しい被毛をサポートすると言われるオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

また、血液サラサラになる効果が期待されるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富に含まれています。

どれも、犬の健康には欠かせない栄養素と言えます。

フィッシュ4ドッグの生産国

フィッシュ4ドッグを生産している国は、世界でも動物愛護先進国として知られるイギリスです。

イギリスの動物福祉への意欲や取り組みは、日本よりも十数年先を進んでいるとも言われています。

その理由として、イギリスでは1822年には動物を守る法律が制定されており、2006年に制定された「動物福祉法」によって、動物への虐待を予防するための法整備がしっかりと定められています。

例えば、違反とみなされるような動物への虐待行為や飼育不十分な行為によって、罰せられたり、飼育の資格を剥奪されるなど飼い主に対する厳しい罰則が定められているほどです。

また、ブリーダーに対しては繁殖用のメス犬の飼育数の制限や一生のうちの出産回数の制限などを定めています。

一方、日本では1973年になって、ようやく動物への虐待などを防止することを定めた「動物愛護法」が制定されました。

この時点で、イギリスに151年もの遅れをとっていることが分かります。

さらに、ドッグフードに対する管理基準も非常に厳しい基準を設定しています。

フィッシュ4ドッグを選ぶ際の注意点

フィッシュ4ドッグを選ぶ際に注意するべき点があります。

それは、価格の上昇と入手困難になる可能性があることです。

日本よりも遠く離れたヨーロッパからコンテナ輸送されており、輸入までに多くのコストや時間がかかっています。

そのため、価格は物価上昇や世界情勢などによって価格が高騰したり、入手困難になる可能性があるということです。

まとめ

フィッシュ4ドッグでは一部気になる原材料はあるものの、1つ1つの原材料に含まれる栄養素の働きや役割を前提にヒューマングレードのものを選んでいます。

また、肉類を使用していないため、アレルギー症状に悩む犬や胃腸の弱い犬、シニア犬などにもおすすめできるドッグフードと言えます。

タンパク源として魚を使用したドッグフードをお探しの方や興味のある方は、一度試してみることをおすすめします。

そして、肉を主原料として使用しているドッグフードと比較してみると良いでしょう。

【獣医師がおすすめするドッグフードは?】

人気のドッグフードは?獣医師おすすめのドッグフード総合ランキング

2018.02.18



高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!