愛犬にGO!はおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

GO!の原材料や栄養の割合、生産国、魅力、注意点について、ご紹介したいと思います。

GO!の原材料

GO!は食材が持っている本来のエネルギーをなるべくそのまま残すような製法で製造されているドッグフードです。

低温で時間をじっくりとかけて調理することで、犬にとってより高い嗜好性を実現しています。

そんなGO!ですが、原材料にはどんなものを使用しているのか、詳しく見ていきましょう。

ここでは、「チキンターキー+トラウト」の原材料をご紹介します。

肉類

肉類にはチキンミールやターキーミール、チキン生肉、ターキー生肉、ダックミール、ダッグ生肉が含まれています。

主要な原材料はチキンミールやターキーミールとなります。

一般的に、ミールは肉の副産物を含む粗悪な食材と考えられていますが、GO!では肉の副産物や成長ホルモンを使用した肉を一切使用していないと公言していますので、安心できます。

魚類

肉類以外にもサーモンミールやサーモン生肉、ヘリングミール(ニシン目ニシン科)を使用しており、特定のタンパク源にこだわらないドッグフードであることが分かります。

穀物

GO!では全てのレシピで穀物を一切使用していないグレインフリーです。

犬にとって穀物は体内で消化できないものであり、穀物の種類によっては食品中に含まれるグルテンが食物アレルギーを起こす原因となります。

そういった意味では、全てのレシピがグレインフリーで製造されているGO!は犬にとって良いドッグフードと言えます。

添加物

GO!では犬の体に害を及ぼす恐れのある添加物は一切使用されていません。

ドッグフードの品質を保つために必須である酸化防止剤には、天然由来のミックストコフェロールを使用しています。

その他

GO!のその他の原材料として、キャノラ油があります。キャノラ油には、コレステロールを低下させたり、リラックス効果が期待される成分が含まれています。

GO!に含まれる栄養の割合

どんなに優れたドッグフードでも、全ての年齢、大きさ、生活環境、嗜好性などパーフェクトなドッグフードは存在しません。

犬の個体差によって、アレルギーなど抱えている悩みや必要な栄養素は異なるからです。

では、GO!の「チキンターキー+トラウト」に含まれる栄養の割合を見ていきましょう。

  • エネルギー 395.1kcal/100g
  • 粗タンパク質 34%以上
  • 粗脂質 16%以上
  • 粗繊維(※1) 0.4%以下
  • 粗灰分(※2) 9.0%以下
  • 水分 10%以下
  • カルシウム 1.8%以上
  • リン 1.2%以上
  • オメガ6脂肪酸 2.0%以上
  • オメガ3脂肪酸 0.45%以上

これらの基本栄養素以外にも、GO!の日本輸入総販売元の公式サイトで、詳しい成分分析一覧表が公開されています。

※1.租繊維とは、体内で消化されずに便として排泄される食物繊維を言います。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを言います。

タンパク質が多め

GO!はタンパク質にこだわって製造されているだけあって、タンパク質が34%と一般的なドッグフードよりもタンパク質に占める割合が多めになっています。

チキンだけでなく、ターキーやダックなどの肉類やトラウトやサーモンなどの魚類をミールと生肉に分けてふんだんに使用しています。

犬の本来の食生活は肉食であるため、タンパク質が多めのドッグフードはより、犬の本来の食生活に近いものを再現しているとも言えます。

低炭水化物

GO!の原材料や栄養の割合から見て分かる通り、穀物は一切使用しておらず、粗繊維の割合も低く設定されています。

そして、炭水化物が低い低炭水化物にこだわって製造されています。

GO!では高タンパク質+低炭水化物を実現することで、犬が適正体重を維持することができると考えられています。

人間でも低炭水化物の食生活にすることで、ダイエットが可能だと世間で流行したこともありました。

犬にとっても余分な炭水化物を減らすことで、太りすぎを予防する効果が期待されています。

GO!の生産国

GO!の生産国はカナダになります。日本では海外産のドッグフードと言えば、イギリスや米国が主流です。

ただ、これらの国以外でも、良いドッグフードを生産している国もあります。

では、カナダにおけるドッグフードや動物愛護に関する法規制などをご紹介していきます。

カナダにおけるドッグフード事情

カナダはドッグフードの先進国として知られており、日本と比較してもドッグフードに関する食品の基準が厳しく規制されています。

1960年代に入ると、ドッグフードで使用される原材料としても多い鶏肉の製造に関する法規制が行われました。

鶏肉を製造する過程で、成長ホルモンを含むホルモン類やステロイド系の使用が禁止されています。

また、鶏を飼育する条件の一つとして、明るい鶏舎や自由に歩き回れる環境などが挙げられます。

カナダにおける飼い犬に関する法規制

カナダでは、飼い犬の飼育方法に関する法規制も整備されており、飼い主は場合によっては数ヶ月の禁固刑や多額の罰金の支払いなどによる罰則が適用されます。

ただ、カナダでは国が定める法律以外にも、州や自治体によって条例が異なるため、必ずしも動物愛護の精神が国民一人一人に理解されているとは言い切れません。

GO!の魅力

GO!にはどんな特徴や魅力があるのか、ご紹介していきます。

特徴その1.適正体重の維持が可能なドッグフード

GO!では愛犬の適正体重の維持が可能なドッグフードです。

その理由として、犬本来の食生活である肉食に近づけた高タンパクやダイエット効果のある低炭水化物にこだわって製造されているためです。

また、ダイエット効果が期待され、中性脂肪になりにくいと言われるココナッツ油も使用されています。

特徴その2.グルテンフリー

犬は人間と違い、穀物等に含まれるグルテンを体内で分解する酵素を持っていません。

そのため、グルテンが多く含まれるドッグフードでは消化不良を起こしたり、下痢などが引き起こされる犬もいます。

GO!ではグルテンフリーにこだわって製造されているため、安心して愛犬に与えることができます。

特徴その3.ヒューマングレード

GO!はヒューマングレードのドッグフードです。

ドッグフードにおける粗悪な原材料とされる肉の副産物や成長ホルモンを使用した肉、人工的な添加物などは一切使用されていません。

人間でも安全に食べることができるヒューマングレードだからこそ、犬にとっても良いドッグフードと言えます。

特徴その4.特定のタンパク源しか摂取できない犬向けのアレルギー対応フードが揃えられている

犬によっては食物アレルギーによって、チキンやビーフなど食べられない犬もいます。

GO!ではそんな特定のタンパク源しか食べることができない犬向けのアレルギー対応フードが揃えられています。例えば、

  • ダック
  • サーモン
  • ベニソン

があります。

特徴その5.製造会社の愛犬がテストの参加者

一般的に、ドッグフードを商品化する前に動物実験が行われるケースがあります。

ただ、動物愛護の上では、好ましい実験とは言えませんし、優れたドッグフードを目指している製造会社においては、動物実験は行われていない場合も多いです。

GO!では、製造会社の飼い犬によるテストが行われています。

製造会社のモットーとして、自身のペットでテストをしないのなら、他の動物でもテストするべきではないと言われています。

自分の愛犬にテストするからこそ、高品質なドッグフードを製造していることの証なのでしょう。

GO!を選ぶ際の注意点

GO!は犬に必要な栄養素が一般的なドッグフードに比べ、少量で摂取することができます。

そのため、食いしん坊な犬に与える場合、少し物足りないと感じることがあるでしょう。

その際には、茹でたキャベツなど小さく刻んだものをトッピングとして与えると良いです。

また、天然由来の酸化防止剤を使用しているため、開封後1ヶ月以内を目安に使い切ることをおすすめします。

ドッグフードの保存方法として、直射日光が当たらない冷暗所で常温保管しましょう。

まとめ

GO!は犬の健康や美味しさにこだわった安全性の高いドッグフードと言えます。

グレインフリーや無添加である点からもアレルギー症状に悩む愛犬のドッグフードを探している飼い主さんにおすすめできるドッグフードと言えます。

また、ヒューマングレードのドッグフードにこだわる飼い主さんにもおすすめです。興味がある方は、一度試してみると良いでしょう。

[amazonjs asin=”B00T4U4A26″ locale=”JP” title=”グローバル GO! FF Grain Free チキンターキー+トラウト2.72kg”]

【他にオススメのドッグフードは?】

http://pet-seikatsu.jp/dog/food/dogfood/ranking//93963




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!