愛犬にオネストキッチンはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

オネストキッチンで使用している原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

オネストキッチンの原材料

オネストキッチンは、プレミックスフードと呼ばれる手作り食をサポートするためのフードです。

では、どういった原材料が使われているのか、オネストキッチンのプレファレンスを例にご紹介したいと思います。

肉類

オネストキッチンには、タンパク源となる肉類は一切使用されていません。

肉類どころか魚類も不使用です。タンパク源となる肉類や魚類は、飼い主自身が別途用意する必要があります。

チキンやビーフは犬の嗜好性を高める食材ではありますが、アレルギー症状を引き起こしやすいタンパク源として知られています。

こういったリスクを極力減らすためにも、犬の体に合ったタンパク源を自由に選べるタイプのドッグフードがあることで、犬の食生活の幅がグッと広がります。

穀物

オネストキッチンでは、穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。アレルギー症状のある犬やアレルギーの可能性を不安に思う犬におすすめです。

犬は元々、穀物に含まれるグルテンやデンプンなどを消化する酵素が体内に無いため、消化することができません。

そのため、グルテンやデンプンを多く含んだ穀物を摂取すると、消化機能に大きな負担を与えることになります。

場合によっては、アレルギー症状を起こす可能性もあるので、なるべくならグレインフリーのドッグフードを選ぶことが大切です。

添加物

オネストキッチンには、人工的な添加物は一切使用されていません。

タンパク源や必要な栄養素には、ヒューマングレードの天然のプロテインや脂肪、ビタミン系のサプリメントなどが配合されています。

FDA(米国食品医薬品局)の認定を受ける食品工場で生産されており、100%ヒューマングレードの原材料を使用しています。

その他

原材料の1つにケルプと呼ばれる海藻の一種やハチミツなどが使用されています。

これらは、ミネラルやビタミンが豊富に含まれており、犬の健康に必要な栄養素を効率的に摂取できると言われています。

オネストキッチンに含まれる栄養の割合

100%ヒューマングレードの原材料を使用されており、安全性の面では安心して愛犬に与えることのできる手作り食のサポートフードであることは、お分かりいただけたことでしょう。

でも、犬の健康にとって重要な栄養の割合はどうなっているのでしょうか?

では、オネストキッチンのプレファレンスに含まれる栄養の割合について、見ていきましょう。

  • エネルギー 351kcal/100g
  • 粗タンパク質 10.5%以上
  • 粗脂肪 6.0%以上
  • 粗繊維(※1) 10.0%以下
  • 水分 10.0%以下
  • カルシウム 2.1%
  • リン 0.82%
  • マグネシウム 0.22%
  • ナトリウム 0.25%

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

タンパク質量が少ない

栄養の割合を見ていくと、タンパク質量が100g中で10.5%以上であり、一般的なドッグフードよりも少ないことが分かります。

AAFCOの最低基準では、幼犬で22.5%以上、成犬では18.0%以上であることから、どちらにおいても基準に満たないことが分かります。

ただ、オネストキッチンは手作り食のサポートフードであり、別途生肉や調理した肉や魚を加えて初めて犬に必要な栄養が摂取できるということをしっかりと理解しておく必要があります。

幼犬に最低限必要な脂質量が満たされていない

脂質の割合を見て分かる通り、タンパク質と同様に脂質量が少ないことが分かります。

こちらも、タンパク源となる肉や魚を使用していないため、必然的に脂質量は低くなります。

AAFCOの最低基準では、幼犬で8.5%以上、成犬では5.5%以上であることから、幼犬に必要な脂質量を満たしていないことが分かります。

一方で、成犬に必要な脂質量を満たしていることから、脂肪分の多い肉や魚を付加する場合は摂取する脂質量に注意する必要があることが分かります。

オネストキッチンの生産国

オネストキッチンはアメリカで生産されているドッグフードです。

アメリカでは、過去のドッグフードの摂取による家庭犬の死亡の事例を踏まえ、FDAではドッグフードに使用できる添加物などに対し、厳しい基準を設けています。

ただ、アメリカで使用されている添加物のうち、日本では認可が下りていない添加物もあるため、100%安全であるとは言い切れないのが実情です。

また、アメリカでは州ごとに定められている州法があり、厳しい基準がドッグフードの原材料となる生産者まで行き渡っていないことや4Dと呼ばれる犬や猫などの死肉を原材料に使用されているものもあると言われています。

そのため、日本よりも動物愛護先進国と言われているアメリカ産なら安心とは一概には言えないのです。

[amazonjs asin=”B0092A83XK” locale=”JP” title=”オネストキッチン プレファレンス1.36kg”]

オネストキッチンを選ぶ際の注意点

オネストキッチンを選ぶ際、注意しておくべきことが2つあります。1つずつ解説していきます。

最終的な栄養バランスやエネルギー計算が必要

オネストキッチンは愛犬に手作り食を与えたいと考える飼い主にとっては、とても便利で効率的に犬に必要な栄養素を摂取させることが可能です。

ただ、注意したい点は最終的な栄養バランスやエネルギー計算を飼い主がする必要があることです。

タンパク源に選ぶ肉や魚によっては、タンパク質量や脂肪量が多すぎたり、少なすぎたりするリスクがあるからです。

歯石や歯周病のリスクが高くなる

オネストキッチンは水やぬるま湯で戻してから犬に与えるため、ドライフードよりも歯にこびりつきやすいため、歯石や歯周病のリスクが高くなる可能性があります。

食後の歯磨きをしっかりと行うことが大切です。

まとめ

オネストキッチンは100%ヒューマングレードの原材料であり、愛犬に合ったタンパク源を選んで手作り食として与えたい場合やアレルギー症状に悩む場合におすすめできるサポートフードです。

ただ、メリットもあれば様々なデメリットもあることを理解した上で使うのなら、試してみると良いでしょう。




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!