愛犬にLOTUSはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

LOTUS(ロータス)で使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

LOTUSの原材料

LOTUSではドッグフードでは珍しいオーブンベイク製法が用いられています。

一般的なドッグフードは成形後に乾燥するのが通常ですが、LOTUSの場合は巨大なオーブンでドッグフードを焼き上げています。

オーブンで焼くことで、食品に含まれる栄養が吸収しやすい形で凝縮されて残り、素材本来の味を活かしているため食いつきも良いと言われています。

では、LOTUSでは実際にどんな原材料が使われているのか、アダルト チキンを例に見てみましょう。

肉類

LOTUSの主な原材料はチキンとチキンミールです。

LOTUSではホルモン剤不使用の鶏肉を使用しており、チキンミールに関しても副産物が含まれていないことが正規代理店の公式サイトにて記載されています。

また、人間と同じレベルの原材料を使っていることも記載されています。

そのため、一般的には粗悪品と言われるチキンミールですが、LOTUSで使用されているチキンミールに関しては、安全な原材料と考えることができます。

魚類

チキン以外のタンパク源として白身魚(ポロック:タラ科)が使われています。

肉類同様に人間と同レベルの食品が原材料として使われていることから、安全だと言えるでしょう。

穀物

LOTUSで使用されている原材料で気になるのは穀物です。

原材料として使用されているのは、挽き割りライ麦や挽き割り玄米、挽き割り大麦、オートミールです。

アレルギー源として代表的な小麦や大豆、トウモロコシは使用していませんが、穀物は犬にとって良い原材料とは言えません。

添加物

LOTUSでは人工的な添加物は一切使用されていません。自然保存料として使われているのが、トコフェロール(天然ビタミンE原)やクエン酸です。

その他

LOTUSには他にも数多くの原材料が使用されています。例えば、ヒューマングレードとも言える独自のブレンドオイル(オリーブオイルやサーモンオイル、月見草オイル)を配合していたり、腸内環境を整えることで知られているプロバイオティクスを配合しています。

また、LOTUSに配合されているユッカエキスは、犬の糞尿中のアンモニアの量を減らす働きがあると言われています。

穀物以外で気になる原材料は、エンドウ豆繊維です。

LOTUSに含まれる栄養の割合

LOTUSで使用されている原材料には、穀物やエンドウ豆繊維が使われていますが、基本的に人間と同レベルの食品が使われていることから、比較的良質なものが使用されていることが分かりました。

では、次はLOTUSに含まれる栄養の割合を見ていきましょう。

  • エネルギー 368.5kcal/100g
  • 粗タンパク質 24%以上
  • 粗脂肪 12%以上
  • 粗繊維(※1) 4.5%以下
  • 粗灰分(※2) 5.9%以下
  • 水分 10%以下
  • カルシウム 1%以上
  • リン0.8%以上
  • オメガ3脂肪酸 0.5%以上
  • オメガ6脂肪酸 2.5%以上
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 250mg/kg以上
  • グルコサミン 600mg/kg以上
  • コンドロイチン 450mg/kg以上

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質やや高め

タンパク質の量を見てみると、一般的なドッグフードよりもやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準と比較してみましょう。

成犬で18.0%以上であることから、タンパク質の量がやや高めであることが分かります。

グルコサミン、コンドロイチン配合

成犬用のドッグフードにも、骨や関節の健康に良いとされるグルコサミンやコンドロイチンもしっかりと配合されています。

アスコルビン酸(ビタミンC)配合

一般的なドッグフードでは珍しいとされるグレープシードエキスが使用されています。

グレープシードエキスには、ビタミンCの20倍の抗酸化物質が含まれていると言われています。抗酸化物質を摂取することで、より健康な体づくりをサポートしてくれる成分だと言えます。

LOTUSの生産国

LOTUSは広大で豊かな自然のあるカナダで生産されているドッグフードです。

カナダも動物愛護の先進国の1つとされており、場合によっては犬の飼い主への管理責任が法によって裁かれることもあります。

カナダは、アメリカと同様に連邦制であるため、州や自治体ごとに法律や条例が異なります。

そのため、犬やドッグフードに関することは、州や自治体によって考え方が異なっています。

ある地域では、犬の飼い主になるためにはライセンスが必要な所もあります。

また、車の中に犬をひとりで留守番させたり、真夏日に外で繋いだままで放置していると、それを見た住民によって通報され、逮捕されることがあると言われています。

中には、他人のペットを死に至らしめてしまった犬に対して、薬剤による死を言い渡されてしまったケースもあるほどです。

カナダでは、それだけペットに関する法整備が進んでいるということが分かります。

LOTUSを選ぶ際の注意点

LOTUSを選ぶ際の注意点としてあげることは、原材料でもご紹介した通り、穀物やエンドウ豆繊維による消火不良や体調が崩れる可能性があるという点です。

原材料もヒューマングレードにこだわっていることから、犬に有害な原材料を多く使っていることは考えにくいですが、消化の弱い犬やシニア犬はとくに注意するようにしましょう。

まとめ

LOTUSは原材料に穀物やエンドウ豆繊維のように、ドッグフードに使用される原材料としては良くないとされるものが使用されています。

ただ、基本的にヒューマングレードの食品を原材料に使っているため、品質は高いドッグフードだと言うことができます。

興味のある方は、一度試してみると良いでしょう。ただ、与える際は少量ずつにし、愛犬の様子をしっかりと観察してあげることが大切です。

【獣医師がおすすめするドッグフードは?】

人気のドッグフードは?獣医師おすすめのドッグフード総合ランキング

2018.02.18



高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!