愛犬にナチュラルハーベストはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

ナチュラルハーベストで使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

ナチュラルハーベストの原材料

ナチュラルハーベストは、人間の口に入る食品で使用禁止のものや遺伝子組み換え食品など犬の体の健康に悪影響を及ぼす可能性の高いものは一切使用されていないヒューマングレードのドッグフードです。

では、実際に原材料でどのようなものが使用されているのか、プライムフォーミュラ シュープリームを例に確認していきましょう。

肉類

ナチュラルハーベストには様々なタンパク源が原材料に使用されており、中でも肉類にはワイルドボアー生肉(イノシシ肉)、ターキー生肉、ターキーレバー、ターキーハート、ターキーミール、チキンミールが使用されています。

単一のタンパク源だけでなく、多種多様なタンパク源を使用している点から、ある特定のタンパク源にアレルギーがある犬にとっては、アレルギーのリスクが低いドッグフードと言えます。

ただ、気になるのはターキーミールやチキンミールの記載です。

他の種類で使用されているラムミールについての安全性の品質の高さは、正規販売店のサイトで確認できましたが、ターキーミールやチキンミールに関する記載はありませんでした。

原材料にこだわっているメーカーなので、粗悪な原材料を使用しているとは考えにくいですが、多少不安が残ります。

魚類

タンパク源として、肉類以外に魚類も使用しており、それがメンハーデンミール(ニシン科の魚)です。

「○○ミール」と言うと、一般的には粗悪な原材料のイメージで広く知られています。

何が混ざっているのか分からないというのがミールです。

添加物

ナチュラルハーベストでは、人工的な添加物は一切使用していません。

ドッグフードの品質の劣化防止として必須なのが酸化防止剤ですが、ナチュラルハーベストでは天然由来の酸化防止剤として、ローズマリー抽出物が使用されています。

人工的な添加物は、犬の体の健康に悪影響を及ぼしかねない成分が多数あります。

無添加であることは、犬の健康を考えて作られているドッグフードと言えるでしょう。

その他

タンパク源以外にエネルギー源となるのが炭水化物です。

ナチュラルハーベストは犬の消化機能に負担をかけにくいポテトを原材料に使用しています。

ただ、エンドウ豆やエンドウ豆繊維は犬にとって消化しにくいため、胃腸が弱い犬の場合は注意が必要です。

他には、腸内環境を良くする効果が期待されるプロバイオティクスが配合されています。

ナチュラルハーベストに含まれる栄養の割合


では次に、ナチュラルハーベストに含まれる栄養の割合を見ていきましょう。

  • エネルギー 329kcal/100g
  • 粗タンパク質 25%以上
  • 粗脂肪 10%以上
  • 粗繊維(※1) 3.5%以下
  • 粗灰分(※2) 7%以下
  • 水分 10%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

高タンパク質で低脂肪

ナチュラルハーベストの栄養の割合を見ても分かる通り、一般的なドッグフードよりもタンパク質が高めに設定されていることが分かります。

また、脂肪が10%以上でやや低めであることから、ダイエットさせたい犬や運動量の多い犬にもおすすめのドッグフードと言えます。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める最低基準は、タンパク質も脂肪もどちらとも幼犬、成犬の基準がクリアされていることからも安心できます。

ナチュラルハーベストの生産国


ナチュラルハーベストの生産国は、アメリカです。

アメリカは日本よりも動物愛護に関する法整備が整っている動物愛護先進国として知られています。

日本のドッグフードの栄養基準には、AAFCOの基準を採用していることからも理解することができます。

ただ、アメリカ産のドッグフード全てが品質の高いものであるとは言い切れない理由があります。

その理由の1つに、近年に発生したアメリカ産のドッグフードを摂取した家庭犬が亡くなるというニュースです。

最近ではアメリカ産のドッグフードからサルモネラ菌が検出されたことから、大規模なリコールを行ったドッグフードメーカーもあることも有名です。

そして、一部では、アメリカ産のドッグフードの品質を疑う声も少なくありません。

その理由として、4D(犬や猫の死肉と他の動物の肉を混ぜ合わせたもの)や肉副産物(可食部以外の部分)などが一部のドッグフードで使用されていることです。

中には、品質の高いプレミアムドッグフードとして販売している物もあると言われています。

そういう意味では、プレミアムドッグフードという名前やブランドを簡単に信用せず、原材料の安全性にもしっかりと確認してから選ぶ必要があると言えます。

ナチュラルハーベストを選ぶ際の注意点

ナチュラルハーベストを選ぶ際に、注意しておくべき点があります。

原材料の安全性や栄養の割合などはもちろんのこと、そのドッグフードが愛犬に合っているものなのか?

今後、安定して入手することが可能なのか?をしっかりと確認しておく必要があります。

では、ナチュラルハーベストを選ぶ際の注意点をご紹介します。

胃腸が弱い犬やシニア犬は要注意


原材料でもご紹介したように、「○○ミール」やエンドウ豆、エンドウ豆繊維など多少なりとも不安が残る原材料の記載があります。

元々、胃腸が弱い犬や消化機能が衰えてくるシニア犬の場合は、注意しましょう。

価格の高騰に要注意

海外産のドッグフードに必ずつきまとう問題が価格の高騰です。

海外から輸入されるドッグフードは、何らかの事情で製造が中止してしまったり、輸入できない状況になると、価格が高騰したり、入手困難になる可能性があることを理解しておきましょう。

まとめ

ナチュラルハーベストは、多種多様なタンパク源を使用しています。

そのため、愛犬のアレルギー症状に悩む方にとっては、おすすめできるドッグフードと言えます。

興味のある方は、一度試してみると良いでしょう。

[amazonjs asin=”B005WQEHRE” locale=”JP” title=”ナチュラルハーベスト ベーシックフォーミュラ ナーサリー 1.5ポンド×2袋”]



高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!