愛犬にナチュラルナースはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

ナチュラルナースで使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

ナチュラルナースの原材料

ナチュラルナースはアレルギー症状のことを考えて作られたドッグフードです。

室内飼いの多い日本の家庭犬は、運動不足になりがちで必要なカロリーが低いことも多いです。

そのため、低脂肪でありながらも、犬の体の健康に欠かせない栄養素の1つとして、アミノ酸のバランスに優れており、鉄分や亜鉛などのミネラルを多く含む原材料をタンパク源として使用しています。

では、どんな原材料が使われているのか、見ていきましょう。

肉類

ナチュラルナースの主原料となるのがラム肉です。

ラム肉は低脂肪で高タンパク質、さらにアレルギー症状を引き起こしやすい肉類として知られています。

また、ラム肉以外にはカンガルー肉が使用されています。カンガルー肉がドッグフードの原材料に使用されているのは非常に珍しいことです。

カンガルー肉もラム肉と同様に低脂肪、高タンパク質で、アレルギー症状が起こりにくいです。

肉類が原因でアレルギー症状が起こる場合、その多くはある特定のタンパク源を長期間摂取し続けることもその一因と言われています。

その点、ラム肉やカンガルー肉を原材料として使用することで、アレルギー症状を引き起こすリスクを下げることができるのです。

穀類

ナチュラルナースは、残念ながらグレインフリーのドッグフードではありません。

原材料として、玄米が使用されています。

炊飯後に原材料として使用されていれば、犬の胃腸への負担は軽減させることができます。

ただ、その点は明確に記載されていないため、不安が残ります。

添加物

ナチュラルナースには、一切人工的な添加物は一切使用されていません。

人工添加物には、犬の健康に悪影響を及ぼすリスクが高いため、近年では酸化防止剤にも天然由来のものを使用し、無添加で製造されるドッグフードが多くなってきています。

ナチュラルナースは、無添加のドッグフードなので、添加物による安全性は確かと言えるでしょう。

その他

原材料で使用されているものの中で気になるのは、エンドウやガーリックです。エンドウには食物繊維が多く含まれており、少なからずも胃腸への負担が心配です。

また、ガーリックはネギ類などと並ぶ犬に有毒な食材として知られています。

原材料やアレルギーにこだわって作られているドッグフードのため、体に悪影響のある量を使用していないことは予測できます。

ただ、犬の体に良くない原材料を使用している点は不安が残ると言わざるを得ません。

ナチュラルナースに含まれる栄養の割合


次に、ナチュラルナースに含まれる栄養の割合について、ご紹介したいと思います。

  • エネルギー 400kcal/100g
  • 粗タンパク質 20%以上
  • 粗脂肪 11%以上
  • 粗繊維(※1) 6%以下
  • 粗灰分(※2) 5%

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質やや低め

高タンパク質のラム肉やカンガルー肉を使用している割には、タンパク質量が一般的なドッグフードよりやや低めもしくは同等程度であると言えます。

一般的に、高タンパク質のドッグフードのタンパク質量は、25%程度はあります。

成犬やシニア犬対象のドッグフードであるため、AAFCO(米国飼料検査官協会)の幼犬の最低基準は満たしていませんが、成犬の基準は満たしています。

カロリー高め

タンパク質も脂肪もそこまで高くはありませんが、カロリーは一般的なドッグフードよりもかなり高めに設定されていることが分かります。

ダイエット中の犬や運動量の少ない犬、シニア犬の場合は、与える量に注意が必要です。

ナチュラルナースの生産国

ナチュラルナースの生産国は、オーストラリアです。

原材料では多少不安の残るものが使用されていましたが、オーストラリアで製造されているドッグフードとなれば、原材料の品質の高さは確かと言えるでしょう。

なぜなら、オーストラリアではドッグフードに行われる様々な検査は、人の食品の管理基準と同じであるためです。

つまり、ヒューマングレードであるといいうことです。

オーストラリアでは、動植物など輸入には厳しい検査が行われており、国内の環境保全や衛生管理に対して、日本以上に厳しい基準が設けられているのです。

また、原材料に使用される肉類に関して、BSE(牛海綿状脳症)や狂牛病などは発生していないことからも、オーストラリアにおける食品の管理基準の高さを理解できます。

ナチュラルナースを選ぶ際の注意点


ドッグフード選びで原材料の安全性や栄養バランスが主に重要視されますが、それ以外にもドッグフードを選ぶ上で注意するべきことがあります。

それは、安定して入手することができるか?

そして、愛犬に合ったドッグフードであるか?

の2点です。その点を踏まえた上で、ナチュラルナースを選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

入手困難になる可能性がある

ナチュラルナースは海外産のドッグフードのため、製造工場などで製造がストップしたり、世界情勢の変化、輸送の際にトラブルが発生した場合などが原因で、入手困難になる可能性があります。

どんなに優れたドッグフードであっても、海外から輸入するドッグフードにまとわりつく問題は、入手困難になる可能性がゼロではないという点です。

胃腸が弱い犬やシニア犬は要注意

原材料に玄米やエンドウ、ガーリックなどが使用されているため、胃腸が弱い犬やシニア犬にはおすすめできません。

ただ、アレルギー症状に悩む犬の場合は、愛犬の体調を様子見る必要があります。

まとめ

ナチュラルナースは原材料に多少不安は残りますが、世界的に見てもドッグフードに関する管理基準が厳しいオーストラリアで製造されている点から考えても、基本的に品質の高いドッグフードと言えます。

愛犬のアレルギー症状に悩んでいる場合や品質の高いドッグフードに切り替えたい場合は、一度試してみると良いでしょう。

[amazonjs asin=”B0015WNJCI” locale=”JP” title=”ナチュラルナース ナチュラルナース 2.4kg”]



高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!