愛犬にPRIMO(プリモ)はおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

PRIMO(プリモ)で使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

PRIMO(プリモ)の原材料

PRIMO(以下プリモ)は、犬の体の健康に必要な動物性タンパク質にこだわって作られた全年齢の犬に対応するドッグフードです。

一般的なドッグフードは発泡製法によって、ドッグフードを膨らませて製造しているものが多い中、プリモでは無発泡製法を導入し、より手作りの生食に近いドライフードを目指して作られています。

では、どんな原材料が使われているのか、見ていきましょう。

肉類

プリモの主な原材料は、生ミンチ肉(牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、豚肉)で、特定のタンパク源に偏ることなく、様々なタンパク源が使用されています。

ドッグフードに占める生肉の割合は、実に50%以上にもなります。安価なドッグフードの中には、主な原材料にタンパク源ではなく、穀物などにしているものもあります。

犬は本来、肉食なので生肉の量が多いドッグフードは自然と食いつきが良くなるものです。

また、食いつきを良くするために調味料を使用している場合は、おすすめできません。

その点、プリモは食品の素材の味を活かしたドッグフードと言えるでしょう。

仕入先には、独自の産地業者から食肉レベルとも言える新鮮な生肉が使用されています。

魚類

主な原材料である生ミンチ肉と一緒に使われているのが、魚肉です。

肉だけでなく、魚肉を使用することで特定のタンパク源によるアレルギー症状の出るリスクを減らすことへと繋がります。

どの種類の魚が使われているのかは不明なところは少し不安が残りますが、品質にこだわった原材料を使用しているため、粗悪なものを使っている可能性は低いと言えるでしょう。

穀物

穀物には、玄米粉や押し麦、グレインソルガム(グルテンを含まない)、オートミールなどが使用されています。

玄米自体は消化しにくい食品ですが、玄米粉の場合は消化吸収しやすくなっています。

押し麦やオートミールに関しては、グルテンが含まれていないため、アレルギーのリスクは低いと言えます。

ただ、穀物は犬の消化機能への負担が多かれ少なかれある食品です。

添加物

プリモでは人工的な添加物は一切使用していません。

公式サイトには、防腐剤や抗菌剤、抗酸化剤、抗カビ剤、色素、増粘性添加物、着色料などは一切使用していない旨が記載されています。

そのため、賞味期限は一般的なドッグフードよりも短めになっています。

その他

原材料で気になるのは、コーングルテンです。

コーンつまり、トウモロコシのグルテンはアレルギー症状を引き起こす可能性の高い成分と言えます。

他には、比較的消化吸収が良くて腹持ちが良いサツマイモやジャガイモが使用されています。

さらに、オリゴ糖や乳酸菌群などが配合されており、犬の腸内環境を整え、消化吸収を高める効果が期待できます。

PRIMO(プリモ)に含まれる栄養の割合

プリモで使われている原材料は、多少不安が残るものの基本的には良質なものが使用されていることが分かりました。

では、プリモに含まれる栄養の割合をご紹介します。

  • エネルギー 400kcal/100g
  • 粗タンパク質 30%以上
  • 粗脂肪 10%以上
  • 粗繊維(※1) 4%以下
  • 粗灰分(※2) 5%以下
  • 水分 10%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

カロリー高め

プリモのカロリーは、100gで400kcalと一般的なドッグフードよりもかなり高めに設定されていることが分かります。

無発泡製法で作られているため、栄養が凝縮された形で製造されている点や酸化ゼロのバージンオイルなどを使用しているためと言えるでしょう。

タンパク質高め

タンパク質量は30%以上と、こちらもカロリーと同様に一般的なドッグフードよりもかなり高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準は、幼犬で22.5%以上、成犬で18.0%以上のため、どちらも十分に満たしていることが分かります。

PRIMO(プリモ)の生産国

プリモの生産国は、日本です。

日本において、ドッグフードや犬に関する法律は定められているものの、日本国内で製造や販売されるドッグフードに関する基準はAAFCO(米国飼料検査官協会)を採用しています。

特に独自の管理基準が設定されていないので、心配という飼い主さんもいらっしゃるようです。

PRIMO(プリモ)を選ぶ際の注意点

プリモを選ぶ際の注意点を2つご紹介します。

肥満に注意

プリモの栄養の割合でもご紹介したように、一般的なドッグフードよりもカロリーやタンパク質はかなり高めに設定されています。

十分な量知るのタンパク質を摂取することは可能ですが、運動量の少ない犬やシニア犬、肥満犬には注意が必要です。

アレルギー症状の可能性

原材料にある穀物やコーングルテンなど犬によっては、アレルギー症状を引き起こす可能性を理解しておきましょう。

どうしても、プリモを与えたい場合は、少量ずつ与えながら様子を見るようにしましょう。

まとめ

プリモは、手作りの生食に近いドライフードにこだわって作られたドッグフードです。国内産や様々な良質のたんぱく源を原材料に使っているなど評価できるドッグフードと言えます。興味がある方は、一度試してみると良いでしょう。

【獣医師がおすすめするドッグフードは?】

人気のドッグフードは?獣医師おすすめのドッグフード総合ランキング

2018.02.18



高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!