愛犬にソリッドゴールドはおすすめできる? ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

ソリッドゴールドの原材料や栄養の割合、生産国、魅力、注意点について、ご紹介したいと思います。

ソリッドゴールドの原材料

ソリッドゴールドはプレミアムフードの先駆者として知られ、30年もの歴史があり、本物にこだわり続けてきました。

また、一般的なドッグフードは、体のパーツごとにフォーカスしたものが多いですが、ソリッドゴールドは体全体が互いに作用し合っているという独自の哲学によって作られているドッグフードです。

では、そんなソリッドゴールドの原材料について、ご紹介していきます。

肉類

ソリッドゴールドでは、アレルギーの原因になりやすい鶏肉や牛肉などの肉類を使用せず、バイソン(野牛)やラム肉を主原料として使用しています。

また、鶏肉や牛肉の脂肪も使用されていないため、アレルギーを心配される方にとって、安心して愛犬に与えることができます。

魚類

バイソンやラム肉と一緒に使用されているのがオーシャンフィッシュミールやサーモンミールです。

魚類のミールは、肉類のミールや副産物の摂取による危険性がないため、安心できる原材料だと言うことができます。

穀物

鶏肉や牛肉などを使用していませんが、気になるのは原材料に含まれる穀物の名称です。

例えば、玄米やオートミール、挽き割り精製大麦や玄米などが記載されています。

ただ、これらは穀類の中でもアレルギーの原因になりにくいと考えられており、グレインフリーではないものの、アレルギーに配慮した形で作られていることが分かります。

添加物

ソリッドゴールドでは、合成着色料や酸化防止剤、防腐剤などの人工的な添加物は一切使用されていません。

ドッグフードの酸化防止には、トコフェロールなど天然の酸化防止作用がある成分によって加工されています。

その他

その他の原材料として、最近注目を集めている米ぬかが使用されています。

米ぬかは日本人にとってとてもなじみ深い食品です。

米ぬかをドッグフードに入れることでどんなメリットがあるのかと言うと、米ぬかに含まれる食物繊維が腸内で発酵することにより、消化管の機能を高めてくれるためです。

ソリッドゴールドに含まれる栄養の割合

ソリッドゴールドはAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしているドッグフードです。

実際に、どのような栄養の割合で作られているのか、ソリッドゴールドのウィービットを参考に栄養の割合をご紹介します。

  • エネルギー 374.5kcal/100g
  • 粗タンパク質 28.0%以上
  • 粗脂質 18.0%以上
  • 租繊維 4.0%以下
  • 水分 10.0%以下
  • オメガ6脂肪酸 2.75%
  • オメガ3脂肪酸 1.25%
  • カルシウム 1.4%
  • リン 1.00%
  • ナトリウム 0.34%
  • マグネシウム 0.16%

租灰分については、公式サイトで公開されていませんでしたが、カルシウムやリン、ナトリウムなどのミネラルが記載されています。

※1.租繊維とは、体内で消化されずに便として排泄される食物繊維を示しています。

タンパク質がやや多め

タンパク質は28.0%以上と一般的なドッグフードよりやや多めであることが分かります。

ただ、種類によっては、18.0%~22.0%程度とタンパク質の割合が異なります。

鶏肉や牛肉、ラム肉などにアレルギーがある犬にとっては、バイソン肉が主原料であることは重要なタンパク源になることでしょう。

適正比率のカルシウムとリンが含まれている

粗灰分は公開されていないため、詳細は不明ですが、犬の体の健康維持に欠かせないミネラルの一つとして、カルシウムやリンが挙げられます。

とくに、カルシウムとリンの摂取比率は割合が適正であるかどうかで犬の健康に少なからず関わってきます。

一般的に、カルシウムとリンの適正な比率はカルシウム:リン=1.2~1.4:1と考えられています。

ソリッドゴールドの割合を確認してみると、適正比率内に収まっていることが分かります。

100g当たりのカロリーがやや高め

ソリッドゴールドのエネルギーや脂質を確認すると、一般的なドッグフードよりもやや高めに設定されていることが分かります。

そのため、エネルギー制限の必要な犬や肥満気味の犬に与える場合は、注意が必要です。かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

ソリッドゴールドの生産国

ソリッドゴールドを生産している国は、米国になります。

米国と言えば、日本ではAAFCOの栄養基準が日本国内のドッグフードの栄養基準として広く知られています。

日本よりもドッグフードに関する法整備は進んでいますが、実際には州ごとに法律が異なるため、AAFCOによる規制も完全なものとは言えません。

また、近年ドッグフードによる飼い犬の死亡事故が数多く報告されたため、米国産のドッグフードに対する安全性に信憑性が無いと考える獣医師も少なくありません。

とは言え、全ての米国産のドッグフードが安全ではないとは言い切れません。

中には、安全性の高いドッグフードも確かに存在しています。

ソリッドゴールドの魅力

ソリッドゴールドの魅力について、ご紹介します。

特徴その1.厳しい基準に適合したヒューマングレードの食材を使用

ソリッドゴールドは、AAFCOの栄養基準を満たしているだけでなく、USDA(米国農務省)やFDA(米国食品医療局)による厳しい基準をクリアしたヒューマングレードと認定された食材を原材料に使用しています。

もちろん、肉副産物は一切使用されていません。

特徴その2.アレルギーに配慮した原材料を使用

近年、食物アレルギーによって引き起こされる愛犬の様々な症状に悩む飼い主さんは後を絶ちません。

とくに、品質の低いドッグフードの場合、犬にとって体に悪影響を及ぼしかねない人口添加物が多く使用されています。

そういったドッグフードを長期間食べ続けることで、アレルギー症状が引き起こされることがあります。

その点、ソリッドゴールドはアレルギーに配慮した原材料を使用しています。

アレルギーの原因に多いとされる鶏肉や牛肉は使用せず、バイソン肉や魚を主なタンパク源として使用しています。

特徴その3.皮膚や毛づやに良い植物性油とサーモン油を使用

ソリッドゴールドでは皮膚や毛づやに良いと言われるオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸の必須脂肪酸を豊富に含む植物性の油を使用しています。

また、脳を活性化させたり、目の網膜の健康に良いとされるDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含むサーモン油も使用しています。

特徴その4.心臓病予防としてタウリンを配合

昔に比べ、ペットとして飼われる犬の寿命は伸びてきています。

飼い主にとっては嬉しい反面、愛犬が老化による様々な病気のリスクが上がる不安を感じている方も少なくありません。

ソリッドゴールドはタウリンを配合し、心臓病予防への配慮をしています。

これこそ、ソリッドゴールドの一つ一つのぱーつではなく、体全体が互いに作用するという哲学の下に作られている所以でしょう。

特徴その5.酸化防止だけでなく脳の活性化に効果的なリコピンを配合

ソリッドゴールドでは人工的な添加物は使用していません。

そのため、フードの酸化防止剤の代わりに、抗酸化作用のあるリコピンを多く含むトマトの搾りかすを配合しています。

リコピンの抗酸化作用によって、フードの酸化防止の役割を果たすと共に、犬の脳の活性化への効果も期待されています。

ソリッドゴールドを選ぶ際の注意点

ヒューマングレードにアレルギーへの配慮と、良いことづくめのソリッドゴールドですが、選ぶ際には注意すべきことがあります。

それは、天然の酸化防止剤を使用しているため、開封後は早めに使い切る必要があります。

また、開封後の保管には高温多湿を避け、冷暗所などで常温保管することをおすすめします。

また、ソリッドゴールドはエネルギーや脂質がやや高いため、エネルギーや脂質制限のある犬や肥満気味の犬の場合、注意が必要です。

なるべくなら、購入前にかかりつけの獣医師に相談してから使用するようにしましょう。

まとめ

米国産のドッグフードはイギリス産よりも安全性の面では落ちますが、AAFCOやUSDAなど米国でも厳しい基準をクリアしているため、基本的に良いフードだと言えます。

もしも、ソリッドゴールドが気になる方は、一度試してみると良いでしょう。

[amazonjs asin=”B00P9DRRYK” locale=”JP” title=”ソリッドゴールド ホリスティックブレンド 1.8kg”]

【他にオススメのドッグフードは?】

http://pet-seikatsu.jp/dog/food/dogfood/ranking//93963




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!