犬に大豆はいい?悪い?与え方のポイントも知っておこう【獣医師が解説】

大豆

大豆はヒトの健康にいいと言われる食材ですが、犬にも食べさせた方がいいのでしょうか?

大豆を犬に食べさせるには、そのポイントや注意点があり、それを知ったうえで食べさせてあげるならメリットはあります。

今回は犬に大豆を与える際のポイントや注意点、またメリット・デメリットについて考えてみましょう。

大豆の特徴

大豆は犬に食べさせることができる食材

大豆は植物性たんぱくを多く含み、肉食寄りの雑食である犬にとって非常に有益なたんぱく源になります。

そのため、大豆アレルギーさえなければ少量の大豆を食べることは問題はなく、おやつの代わりや手作り食として食べさせてあげることができます。

ただし、他のものと同じように大豆も量を食べすぎれば健康にとって害になることもあります。

大豆は犬に食べさせてもいいからと言って、たくさん与え過ぎないようにはしましょう。

大豆に含まれる栄養成分

大豆は「畑の肉」と言われるくらい、非常にたんぱく質が多い食材になります。

たんぱく質は健康な筋肉や皮膚の材料となり、体の成長にとって絶対に必要なものであると同時に、アミノ酸として体の中でさまざまな働きを持っており、肝臓がうまく機能するためにも必須の物質になります。

また、疲労回復や免疫力のためにもたんぱく質からとるアミノ酸は必須の物質です。

他にも、大豆には以下のような成分が含まれており、犬の健康にはいいと言われています。

  • サポニン:抗酸化物質であり、老化を抑える作用があると言われています。
  • リノール酸:コレステロールを下げる働きがあります。
  • レシチン:悪玉コレステロールを血管から取り除き、血管の健全性を維持してくれる成分です。
  • オリゴ糖:善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整えてくれます。

このように、大豆には犬の健康をサポートしてくれる成分が豊富に含まれています。

大豆のメリット・デメリット

大豆を食べさせるメリット

先ほど紹介した通り、大豆はたんぱく質やオリゴ糖などを豊富に含み、抗酸化作用や高脂血症対策、腸内環境の改善など、犬の健康にいい面がたくさんあります。

また、脂肪や炭水化物が少ないため、他のおやつに比べると食べても太りにくいというのも大豆のメリットの一つです。

大豆を食べさせるデメリット

大豆を食べさせるデメリットは多くはありませんが、以下のようなリスクがあるため、食べさせる際には少し注意は必要です。

食餌アレルギーのリスク

犬には食餌アレルギーが多く、特にたんぱく質はアレルギーを起こすことが多い成分になります。

たんぱく質が豊富な大豆もアレルギーを起こすリスクがあり、その場合には下痢や皮膚の痒み・脱毛などが出てきます。

アレルギーを起こす犬はごく一部ではありますが、アレルギーが出ないかどうかはしっかり確認してもらう必要があります。

また、犬に使う麻酔の中には大豆の成分が含まれているものがあります。

大豆アレルギーのある犬ではその麻酔薬に対してもアレルギー反応を起こすことがありますので、大豆でアレルギーが出てしまった場合には必ず動物病院へ伝えておきましょう。

消化不良を起こす可能性

大豆は調理の仕方によっては消化に良くないこともあり、消化不良による下痢やおう吐を引き起こすこともあります。

大豆を与えた日やその次の日には、便の状態はしっかりチェックしておきましょう。

腎不全や肝不全の子には注意が必要

腎不全や肝不全がある場合、たんぱく質の多い大豆によって病状が悪化する可能性があります。

愛犬が腎不全や肝不全など何か病気を抱えている場合には、かかりつけの先生と相談した上で大豆を与えるかどうか判断する必要があります。

大豆を犬に与える時の注意

与える量

大豆をどれくらい食べてもいいのかは特別決まっておらず、犬それぞれの健康状態にもよって違います。

小型犬であれば10粒程度、大型犬では20粒程度であれば特別問題ないでしょう。

便の調子や体調を見ながら、食べる量はかかりつけの先生ともしっかりと相談しておきましょう。

調理方法

犬に大豆を与えるときに、どの調理方法がいいというのはありませんが、節分の豆のように炒っただけのものよりも、納豆や豆腐などの方が消化に良くおすすめです。

生の大豆にはトリプシンという消化酵素の働きを邪魔する「トリプシンインヒビター」が含まれているため、大豆を生で与えることはできません。

また、味噌も塩分が多いため犬には与えない方がいいでしょう。

与える場合には少量にし、できれば無塩もしくは減塩の味噌を少量だけフードに混ぜるようにしてください。

食べさせた後の確認

大豆を食べた後は、その当日と次の日くらいは便の状態と犬の一般状態をチェックしておきましょう。

下痢や嘔吐があったり、皮膚の痒みが出て来てしまったのであれば、大豆による消化不良やアレルギーの可能性が高いです。

その場合には、大豆は与えない方がいいでしょう。

大豆を与える必要性はない

ドライフードには十分な栄養成分が含まれる

食べる食事によって栄養バランスを崩す可能性のあるヒトと違い、ドッグフードを食べている犬では、基本的には特定の栄養素が不足することはありません。

そのため、大豆をわざわざ与える必要性はないのです。

与えるのであれば上記の注意点を守り、健康的なおやつとして与えることをおすすめします。

手作りフードには使うメリットあり

手作りフードを与えている場合には、大豆は非常に良いたんぱく源になります。

大豆を加える場合には栄養バランスが崩れないよう、他のたんぱく源を減らす必要があります。

ただし、肉や魚を全く入れないと犬の嗜好性が低下してしまうことがあるので、最初は大豆を少しずつ入れるようにしてみましょう。

大豆さえ入れておけばいいというわけではありませんので、しっかり栄養バランスを考えて作るようにしてくださいね。

まとめ

大豆は健康にいい食品としてヒトでは重宝されており、犬の健康にも基本的にはいい食材です。

ただし、犬はドッグフードで必要な栄養成分を取ることができるため、あえて大豆を食べさせる必要はありません。

大豆を犬に与えたいのであれば、おやつ代わりや手作りフードの原材料として食べさせてあげるのがおすすめです。

その場合には、食べさせる量や注意点を守るようにしてくださいね。




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!