おやつは与えるべき?犬におやつを与えるタイミングや量について

普段、愛犬におやつを与えていますか?おやつは与え方で犬にとっていいものにも、悪いものにもなってしまいます。

気をつけながら、愛犬へおいしいものを食べさせてあげたいですね。

基本はフードのみで栄養が取れている

普段総合食のドッグフードを与えているのならば、それだけで犬にとっての栄養はバランスよく十分に取れています。

おやつで補う必要はないと考えてよいでしょう。

おやつの与えすぎは栄養の偏りや肥満のもと

「いつもドッグフードだけではかわいそう」「愛犬が喜ぶから」「たんぱく質を補おう」等、おやつをあげる目的はいろいろだと思います。

全くおやつをあげなくても問題ありませんが、与える場合は量や内容に注意しましょう。

食事の量の1〜2割程度のカロリーが目安です。嗜好性の高いものはカロリーも高いことが多いです。少な目に与えることを心がけてみてください。

与えすぎは栄養が偏ってしまったり、愛犬を太らせてしまう原因になります。

一度胃が大きくなり、おやつを含め沢山食べるようになってしまった犬をダイエットさせるのはとても大変な作業で、犬にとってもストレスがたまるものです。

そうなる前に、おやつを与える量や回数をコントロールしてあげましょう。

おやつばかり食べる犬にしないようにしよう

一般的に、食事としてのフードよりもおやつは嗜好性の高いものが多いです。

人間と同じく、犬もおいしいものを食べたがります。おやつをいつも沢山与えていると、本来食べるべきフードを食べたがらなくなる犬もいます。

普段よりフードの食いつきが悪くなってきたら要注意です。一旦、おやつを与えることは完全にやめてみてください。

与えるときはしつけやコミュニケーションとして与えよう

おやつを与える必要はないのですが、そうはいっても犬もたまには変わったものを食べたり、食事を楽しんだりしたいものです。

既にご紹介したとおり、内容や量に気をつけて与えることで、犬の気分転換やストレス発散にもなります。

しつけのご褒美として与えることが最も望ましい与え方。

しつけをする必要がない犬の場合であっても、飼い主とのコミュニケーションに、おやつを与えることはとても有効です。

まとめ

愛犬に喜んでほしくてついつい与えたくなってしまうおやつですが、愛犬の食べるものはあなたが与えたものがすべてです。

食事が原因で愛犬を病気にしてしまったり、フードを食べなくなってしまうような犬にしてしまわないよう、上手にコントロールして、犬も飼い主も楽しくコミュニケーションしながら与えるようにしてみてください。




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!