犬のしつけ・トレーニングで『おやつ』が大活躍! おやつを使用して犬のトレーニングをする方法。

突然ですが、犬に“おやつ”を与えていますか?犬も人間と同じで、栄養やエネルギーを摂取するという目的ならフードで十分です。しかし、“しつけトレーニング”を行う場合にはおやつがとても効果を発揮します。
今回はしつけトレーニングにおける“おやつ”についてお話しします。

“おやつ”にはどんな効果があるの?

普段みなさんはおやつを生活のどんな場面で与えていますか?歯石を除去するためなど、「特別な目的」のために与えている家庭もあれば、犬と仲良くなるために与えている家庭もあるでしょう。その“おやつ”はしつけトレーニングにおいても大きな効果があるのです。
その効果とは、『犬の好きなおやつを使うことで飼い主に注意を向け、トレーニングへの意欲と集中力を高めることができる』というものです。

“おやつ”を与えるときの注意点

それでは、トレーニング中の犬であればどんな犬にもおやつを与えていいかというと、答えは「NO」です。あくまでもおやつは補助的なものなので、フードを完食できる犬でなければおやつは与えられません。フードを残している犬におやつを与えてしまうと、おやつだけでお腹いっぱいになり、益々フードを食べなくなってしまいます。日頃から決められた量のフードをきちんと食べられないでいると、必要な栄養を摂取できないだけでなく、いざ犬の体調が悪くなった時に飼い主がその変化に気づくのが遅れてしまいます。
おやつを与える場合は、きちんとフードを食べている場合に限りましょう。

おやつの種類

“おやつ”といってもお店に行くと何十種類ものおやつが陳列されています。その中からどんなおやつを選べばいいのかについてご紹介します。
“おやつ”はトレーニングへの意欲を掻き立てるために使うので、犬の好みに合わせましょう。野菜や魚、鶏肉などの中からその犬が好きなものを探しましょう。
次に、どんなトレーニングで使うかを考えます。もし長時間待たせるようなトレーニングをするのであれば「アキレス」など、食べるのに時間がかかるものが良いでしょう。散歩中にトレーニングするのであれば少しずつちぎってあげられるように「乾燥していて持ち運びやすいもの」がいいですね。

注意しなければいけないのは「形」です。最近では星型等、見た目が可愛いおやつも見かけますが、チワワのような小型犬種には向きません。小型犬種は食道も細いので、突起の大きなものは喉につかえてしまう危険性があります。
自分の犬の犬種に合わせて安全なおやつを選びましょう。

[関連記事]正しいドッグフードの選び方!美味しく食べて犬の健康維持。

一番のご褒美は“飼い主”

おやつは星の数ほどありますが、その中から『犬の好み』『トレーニングの目的』『安全性』の3つの観点から一番バランスの良いおやつを愛犬に選んであげてください。

最後に、大切なことは、おやつはあくまでもトレーニングの道具の一つだということです。飼い主と犬の関係として最も望ましいのは「おやつがなくても、飼い主自身が犬のやる気や集中力を引き出す“ご褒美”になれること」です。トレーニング中のおやつの量を適正に守り、日々の愛犬との触れ合いを大切にしましょう。




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!