ふくふく動物病院

何でも相談していただけるあたたかな病院でありたい

「こんなことを聞いたら笑われそうで。。。」と、心配しないでください。「こんなことを言ったら怒られないだろうか?」と、遠慮しないでください。「治療の内容が納得いかない。」どんどん、聞いてください。どんなことでも一緒に考えていきます。スタッフ一同の知識を寄せ合って考えていきます。

獣医療の進歩は「日進月歩」です。今の自分に満足していると、あっという間に置いていかれてしまいます。各種獣医雑誌を購読し、学会に積極的に参加して新しい知識・技術を取り入れるよう努めています。なかには高度医療を要求されるケースもあります。2 次診療施設をご紹介しより良い医療を提供できるように、ネットワークを作っています。

ふくふく動物病院の執筆者

平松育子

獣医師

山口大学農学部獣医学科卒業。県内の複数の動物病院に勤務したのち、2006年に「みなさんにたくさんの福を」という願いをこめ、「ふくふく動物病院」開業。 飼主さまとペットの大切な出会いや、かけがえのない日々の手助けをするのが獣医師の役目だと思います。インフォームドコンセントをしっかり行い飼主さまが何を望んでいらっしゃるのかをしっかり聞きとりながら治療の提案

 

ふくふく動物病院の最新記事

【獣医師コラム】犬や猫の熱中症にお気をつけください

暑さが厳しくなってきました。 「体調が悪い」や「ぐったりしている」と言う理由で来院する子が増えています。 体温を測ると40度近い熱! お話を聞くと、「屋外にいる子」「窓を開……

猫の選び方・迎え方