最新の記事(25ページ)

シニア猫の3割がかかる病気◎【慢性腎臓病】を早期発見するポイント

猫に多い病気、といえばズバリ「腎臓疾患」。特に15歳以上のシニアの猫の30%は腎臓病にかかるという報告もあります。 腎臓は、体で作られた老廃物を尿として排泄する大切な器官。体の水分……

猫の泌尿器の病気

スコティッシュ・フォールドと暮らした時に気をつける事~スコに多い病気と注意点について~猫壱セミナーより

2016年11月23日に、猫用品メーカー「猫壱」主催の「ネコをもっと理解する」セミナーが開催されました。 ペット生活編集部もセミナーに参加させていただきましたので、セミナーの一部をご紹介し……

猫のニュース

『ペン太のこと』第759話「若気」

        ……

ペン太のこと,マンガ

【今日のにゃんグッズ】時間のある時に猫の通り道を作ってみませんか?

猫飼いはドアを閉めない癖がついている人が多いですよね。猫が閉じ込められないように注意しているのですが、暖房が効いてる部屋だと部屋が寒くなってしまうので困りものです。 寒い季節には猫扉が欲し……

今日のにゃんグッズ

【猫と怪談】猫を虐めると祟られる?猫のオカルトな都市伝説とは

やはり夏は怪談でしょう!結構ホラー映画が大好きなワタクシ。テレビの超常現象や怪談番組も子供と一緒によく観ます。 しかし絶対にNGなのが動物を虐待するホラー映画。特に猫を虐殺する映画や動……

猫の文化

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のトリミング

【猫壱セミナー】猫と人のQOR(関係の質)向上セミナーへ行ってきました!

3回目猫壱セミナーは11月23日に開催されました。猫医療センターで普段より猫の生態に詳しい獣医師の方がテーマごとに解説をしていました。猫の飼い主さんに正しい知識を増やすことができる数少ない場……

猫のニュース

猫の鼻血は厳重注意。人の●倍も早いスピードで進む猫の目や鼻の病気

「ドッグスピード」や「ドッグタイム」という言葉。これはペットの人生の時間や病気になった時、進行のスピードや完治する早さは人間の4~7倍ほどの早さで進むという意味です。 特にネコは、症状……

猫の目の変化や異常

猫の抜け毛対策!ブラッシングのやりすぎはNGってホント?

猫の抜け毛対策には、ブラッシングをすることが大切です。少しでも抜け毛を減らそうと頻繁にブラッシングをする飼い主さんもいます。 でも、ブラッシングのやりすぎは注意が必要です。健康な毛まで……

猫の雑学

【猫の気持ち】ネコは4重人格?猫の性格には4つのパターンがあるらしい…

「猫の目の様に変わる」ということわざがありますが、猫は気分がコロコロと変わる動物です。国立科学博物館でほ乳類の分類学、生態学を学んだねこの博物館の館長、今泉忠明氏によると、 「1匹のネ……

猫の言葉・気持ち

『ペン太のこと』第754話「金太まけるな」

        ……

ペン太のこと,マンガ

【獣医師監修】【鼻の症状】猫の鼻水がよく出る時に考えられる病気

猫のくしゃみで鼻水をかぶる、という経験をしたことのある飼い主さんも多いのではないでしょうか。猫は意外と日常的に鼻水を出しています。でも、あまりに鼻水が多かったり、粘着性の鼻水や色のある鼻水の……

猫の鼻水がよく出る

【今日のにゃんグッズ】いつも鍵を探している人におすすめの猫の手キーホルダー

夜、家に帰って薄暗い玄関の前で鍵を開けようと、鞄の中のキーホルダーを探したけれどなかなか見つからない…そんな経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか。いつものポケットにキーホルダーをしまっ……

今日のにゃんグッズ

外猫の写真を撮りたい♪地域猫の写真を撮るときに気を付けたい2つのポイント

外で猫を見かけるとついついスマホをカメラモードにして構えてしまいませんか? 地域猫は人懐っこい猫も多く、リラックスした姿をよく見せてくれるのでついつい写真撮影会を始めてしまいます。 しか……

猫のニュース

【動物看護師が解説】チワワにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

とあるCMで爆発的に人気が出たチワワ。その人気ぶりは現在も続いていて、成犬になっても持ち上げるのが大変なほど大きくはならず、体も小さく運動量が少なくて済む個体もいるため、散歩の手間が省けて室……

犬のトリミング

ちょっと緩め?ボス猫以外はほぼ平等な野良猫社会の上下関係とは

猫と飼い主。どちらがボスでどちらが下僕か、おそらく誰もがその答えを知っていると思いますが、野良猫の社会にも上下関係は存在します。 犬と違って単独で行動する猫にとって、明確な序列はありま……

猫の多頭飼い

発表!2016年アメリカで人気の猫の名前、オス・メスTOP10!

猫を飼うときに最初にすること。それは名前を決めることです。皆さんあれこれ悩んでつけていると思います。2015年に発表された、日本の猫の名前トップ3は、男の子で「レオ」「ソラ」「コタロウ」、女……

猫の雑学

嫌だニャ!飼い主がやってはいけない猫を怒らせてしまう行為とは

ネコは見ているだけで癒されるサプリメント。いるだけで「副作用のない薬」だと思っていますが、実は怒らせるととても怖い動物です。 何と言ってもネコはトラやライオンの親戚ですから、本気で怒れ……

猫のストレス

『ペン太のこと』第744話「ダチョウ」

        ……

ペン太のこと,マンガ

【獣医師監修】【耳の症状】猫の耳が腫れている時に考えられる病気

猫の耳がパンパンに腫れているのは、病気のサインです。腫れるのはピンと立った耳介と呼ばれる部分で、厚みが通常の倍ほどになることもあり、立っていた耳が重みで垂れてしまうこともあります。腫れた部分……

猫の耳が腫れている